ミダスメタル MIDASmetall

ミダスメタルとは、塗装の概念を超えたメタルスキンと呼ぶにふさわしい「革新的」コーティング技術です。

ミダスメタル MIDAS METALL -the metal skin-

ミダスメタルの施工事例

ミダスメタルは、どのような対象物でも凹凸をそのまま活かして、金属のような外観、触感等、

金属特有の質感を表現することができるコーティング技術です。

20種類の金属色があり、仕上げ方もコテ、ローラー、ハケ、スプレーでの吹付と様々な表現が可能です。

そのコーティングした表面は90%以上が金属そのものとなるため、色合いはもちろん、その感触や硬度もまさに金属そのものです。

ミダスメタルは金属の特性を持ち、金属と同様に、経年変化により酸化します。

また、再度磨き出しを行うことも可能です。下地材の小口や曲面への塗布仕上が可能です。

基本仕上はワックスフィニッシュで、表面にクリアーコーティングもできます。

▶▷ ミダスメタルの材料情報と施工概要はこちら! ◁◀

ミダスメタルの3つ特徴

1:様々な下地の質感を残したまま施工可能

ミダスメタル

木やモルタル造形など、下地にある模様を残しつつ

その上に金属質感のコーティングをすることが可能です。

2:豊富なカラーと仕上げ方

ミダスメタル

ミダスメタルは20種類もの金属色のカラーチャートがあります。

真鍮や銅といった人気色から、シャンパンゴールドや亜鉛、鉄などです。

また、仕上げ方もコテ、ローラー、ハケ、吹付など、用途と表現したい質感によって選択が可能です。

▶▷ ミダスメタルの仕上げ方を詳しく知りたい方はこちら ◁◀

3:磨き直しやメンテナンスが可能

ミダスメタルは専用のワックスやオイルで経年を防ぐこともできますが

逆に経年変化材というものを用いて使い込んだような質感を出すこともできます。

また、表面が変化してしたら再度磨きをかければ金属の輝きを取り戻すことが可能な材料です。

ミダスメタルのカラーチャート

ミダスメタルのカラー
真鍮Brass 青銅 Bronze 銅 Cooper 亜鉛 Zinc
真鍮金色 Gold Brass 青銅金色 Gold Bronze ホワイトゴールド White Gold シャンパン Champagne
ステンレススチール B50 ステンレススチール JURA ステンレススチール B1 ステンレススチール D1
錫 Tin 青銅ラスティック Bronze rustic アルミ合金 A-M2/1 プラチナ色2 Platinum2
ステンレススチール Steel 鉄 Iron 真鍮金色ライト Gold Light ホワイトブロンズ White Bronze

※一部日本にないカラーもございますので、詳しくはお問合せください。

実際の金属とほぼ同等の質感を得られることができます。

ミダスメタル

施工できる下地

・MDF(中密度繊維板)
・OSB(配向性ストランドボード)
・木材
・金属
・ガラス
・プラスチック
・コンクリート

様々な素材にコーティングが可能です。

※施工する下地によって、また仕上げ方によって、使用する材料が異なりますので、詳しくはご相談くださいませ。

ミダスメタルの写真
ミダスメタルの写真

ミダスメタルは様々なものを金属コーティングすることができます。

素材を選べば、木材の木目をそのまま活かしたり、下地の素材感をそのまま金属にしたりと今までにはない装飾性を演出することができます。

ただ、その材料の取り扱いには特性をご理解いただく必要があります。

その為,ミダスメタルは講習会を受講することで扱うことができる【ライセンス商品】となっております。

仕上がりについてや施工についてなどご相談がございましたら、ご連絡くださいませ。

▶▷ ミダスメタルの講習会についてはこちら ◁◀

ミダスメタル施工事例はこちら

お悩み解決!お役立ちコラム掲載中

最終更新日: